今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

ビットコイン マイニングという言葉って何?

ビットコイン

ビットコイン マイニングという言葉って何?
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

「ビットコインシステムの根幹である
 マイニングを理解することは
 ビットコインを理解するのに必要不可欠なもの」

…とされておりますが、
ビットコインなるものをお教え頂いた当時、
てんで解らないという状況でした。

しかし「マイニング」という言葉自体は解ります。
簡単に一言で言ってしまうと「採掘」でしょう?

ビットコインにおけるマイニングの語源は
「鉱山から金を掘り出す」
というところからきているのも解ります。

意味を知っていて損は無いと思いましたので、
少しですが勉強してみました。


「ビットコインマイニング」という言葉について。

仮想通貨「ビットコイン」の生成、
即ち新規発行を行い、
その所有者となることです。
「マイニング」(mining)は
「採掘」にあたる英語となりますね。
ビットコインは
「P2P」をベースとした通貨流通システムです。
通過価値を担保したり
新規発行を行ったりする中央機関を持ちません。
ビットコインの新規発行量は、
期間および流通量により、
自動で制御される仕組みになっています。
専用アプリケーションを用いた、
分散処理に参加して、
ビットコインを生成しますと、
報酬としてビットコインを得ることができます。
現在では過去の事となってしまいましたが、
ビットコインマイニングは
個人でも参加可能でした。
ビットコインマイニングは
金採掘にも例えられています。
早いもの勝ちでした。
労力を注ぎ込んだ分だけ儲けを得られる、
という点に可能性を見出した、
投機手段として注目されていました。


P2P(ピーツーピー)という言葉について。

peer-to-peerの略です。
peerは「同等の人」という意味ですね。
ネットワークに接続された複数のコンピュータのうち、
任意の一対一が対等な接続状態にあることを指します。
また、それを利用した技術やアプリケーション、
ソフトウェアを指します。
処理能力やファイル等の、
ネットワーク上の情報資源を
対等な立場で共有するものです。
単一のサーバーに、
複数のクライアントが処理を要求するような
接続状態に対比されます。

また、複数の端末間で通信を行う際の
アーキテクチャの一つともいえます。
対等の者同士が通信をすることを特徴とする、
通信方式、通信モデル、
あるいは、通信技術の一分野を指します。


アーキテクチャという言葉について。

architectureという綴りですね。
英語で「建築学」、「建築術」、
「構造」を意味する語ですね。
なお、アーキテクチャとは、
あくまでも設計思想、設計方式、
基本設計、構築様式などを指す言葉であり、
個別具体的な実装そのものや、
個々の規約を指すものではありません。
この為、例えば通信の個別の規約、
(http : hypertext transfer protocol等)
については、
「プロトコル」というのような他の語を用います。


では
「ビットコインにおいてのマイニングとは…」
について、です。

ブロックの生成・取引の検証・ブロックといった、
承認作業を行う事となっています。
これにつきましては、前提として、
ビットコインの「ブロックチェーン」の仕組みを
概要でだけでも知っておくと、
理解が楽になりました。

それではそれはどういうことか、
以下に記させて頂きますね。
…簡単で申し訳ございません。

銀行で振り込みをする場合等、
一般的、ごく普通に行われている取引では
「銀行」という第三者が、
その取引が
正しく行われているかどうか判断してくれます。
それがみなさまお手持ちの通帳への「記帳」、
という形で証拠として残るのです。
しかし、ビットコインでは、
銀行のような「管理する第三者」は存在しません。
その代わりに
全員が全員を監視するネットワークで成り立っています。
ですので「記帳」という作業が行われません。
「ブロックチェーン」
という取引帳のようなものに書き込み、
それをみなさんに公開することによって、
取引の記録を残しておくのという方法です。
その「取引帳(ブロックチェーン)」に不正無く、
正しい取引の実態が書かれているのか、
ブロックを作り出し、
取引を監視してそのブロックに承認を出します。
その時に行われているのが「マイニング」となります。
ビットコインのシステムでは、
取引が取引帳に書き込んでいくのと同時に、
パソコンで「演算」をしております。
その「演算」、これこそがマイニングなのです。

ですので演算をいかに早く解くか。
これを世界のマイニングを行う人々、
「マイナー(採掘者)」は競っていらしたのです。
早く解いた人が報酬をもらえるというルールの元、
ビットコインマイナーさんは動いておられたようですね。


アジアのマイナーさんの方々、
そのお恵みを今、私たちにありがとうございます。
因みにそのお恵み分は、
何かしらの手数料で、
お支払いしていることになっております。
手数料に関しましては…、
ごめんなさい、そこまで知識が及んでおりません。
私自身、ビットコイン購入は一回だけです。
その後は放置しております。
それで何の不自由も残念感も感じていないものですから、
…大丈夫だと思っているのですが。
みなさまにおかれましては、
ご留意下さいますようお願いいたします。

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?